Athletic Trainer (ATC)の僕がNFL New England Patriotsでの日々を書き綴る日記です
by daretosoar
<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
テレビ番組
今日は一日トリートメントの日。
ケガをしている選手は強制でトリートメントにこないといけません。もちろん体が資本の選手にとってはこれも仕事のうち。遅れたり、こなかったりするとXX万円という結構高い罰金が待っています・・・

さて昨日もRobinのニュースをよく見ると書きましたが、今日はペイトリオッツのアスレチックトレーニングルームで選手達がよく見るテレビ番組トップ3を。

1位は間違いなくESPNやNFL Networkなどのスポーツ専門チャンネル。アメフトの選手ってただでさえ他のスポーツよりミーティングなどで試合のビデオなどを見て研究しているのに、トリートメントしている時でも見るのはアメフト(笑)NFLはもちろんCollege Footballもかなり盛り上がります。横にいる選手がテレビで映っているのは日常茶飯事の変な光景です。

2位はRobinのニュースでしょう。意外にみんな世の中のことには注意をはらっている人が多いようです。

3位はClassicな映画。まあ約90%以上は上の2つを見ていますが、時々はチャンネル回してて面白い映画(特にコメディ系)をやっていると見たりします。

まあ要するにNFLの選手達はアメフトが大好きなわけです。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-30 08:04
人気ニュースキャスター
b0174954_6131625.jpg


さて日本の皆さんこの人を知っているでしょうか?この人はRobinというHLNのニュースキャスターで、Morning Express with Robin Meadeというニュースを毎朝やっています。そしてペイトリオッツのアスレチックトレーナー陣、選手ともにべたぼれしている人なんです。トレーニングルームにあるテレビでは毎朝このニュースを見るのがみんなの日課になっています。彼女は見ての通りの美人でMiss Ohioに選ばれ、Miss Americaのファイナル10にも選ばれたことがあるそうです。そして何を隠そうこの美貌でもう40歳なんです!40には見えませんよね!?
まあそんなこんなで今日はペイトリオッツの選手も注目の美人ニュースキャスターの紹介でした。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-29 06:18
第3週 ペイトリオッツ26対10ファルコンズ 2勝1敗
無事に快勝しました。やっぱり勝った後は気持ちが良いです。強豪相手とはいえ連敗するわけにはいかなかった今日の勝利はでかいです。途中はすごくフラストレーションの溜まる試合でハーフタイムの時もロッカールームでBradyは「相手は何も特別なことをしていないのに自分たちがやるべきことをできてないからタッチダウンを決めれないんだ。自分たちがやるべきことをしっかりやろう!」と言っていました。ディフェンスもファルコンズ相手によく10点に抑えたと思います。同じ地区のJetsも勝った為AFL EASTでは2位のままです。
AFL EAST
1位 New York Jets 3勝0敗
2位 New England Patriots 2勝1敗
3位 Buffalo Bills 1勝2敗
4位 Miami Dolphins 0勝3敗

アメリカの大学アメフトでは観客席がその学校のチームカラー一色に染まるとういのはめずらしくないですがNFLではそういうことはあまりありません。しかし今日の試合で面白かったのが雨ということもあってみんな赤、青、黄色という色とりどりのカッパを着ていたので観客席がすごいカラフルに見えました。
b0174954_925430.jpg


さて勝った喜びもつかの間、次の試合は1週間後にやってきます。相手は開幕3連勝と波にのるBaltimore Ravens。早速気を引き締めて次に挑みたいところです。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-28 09:35
明日の相手
さて1週間はあっという間に過ぎ去ってもう明日はGame Dayです。
開幕前にスーパーボウル制覇筆頭候補だったうちのチームは開幕1勝1敗で「開幕ダッシュに失敗したチーム」の筆頭にも挙げられていました(^^;)まだまだ14試合を残している今シーズン、長い道のりなので心配はしていませんが、この辺で連敗するようならちょっとやばいです。なので明日はホームということもあり負けられません。しかし相手のAtlanta Falconsは開幕2連勝の好調です。それを牽引しているのがQBのMat Ryan。彼はおととし4勝12敗だったチームを新人QBとして昨年1年目でいきなりプレーオフ出場までいった立役者でもあります。今年は2年目のジンクスを心配されていましたが、そんな心配をよそに活躍しています。そしてこのRyanはペイトリオッツの地元Boston Collegeの出身で2年前にACC Championshipをかけてat Clemsonで大熱戦を広げた相手でもあります。あの時は試合終盤にうちが逆転して勝ったと思いきや最後の最後に再逆転のタッチダウンを奪われた苦い思い出があります。今回は個人的にその試合の雪辱戦となるように頑張ってほしいところです。

それにしてもNFLに負けず盛り上がっているのがCollege Football。今週もすでに全米4位のOle Missがランク外のSouth Carolinaにup setをくらい、今日も#18FSU、#22UNCとランク外のチームにup setされています。Clemsonも#15TCUをホームに迎えての試合なのでup setを見せてほしいところです。
NFLの選手達も大のCollege Footballファンでよく「俺の学校はおまえの学校より強いよ」って本気で言い合ったりしています(笑)
この盛り上がりを日本の皆様にも味わってほしいです。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-27 05:14
Monitored Rehab Systems
今日はペイトリオッツで使っているリハビリの器械を紹介したいと思います。

このMonitored Rehab Systemsというもの。写真の左はknee extention用で右がスクワット用。この器械の欠点は体の部位ごとに器械を買わないといけないので場所もとるしお金もかかるということです。しかし内容は素晴らしいです。色々なゲーム感覚で鍛えられるというすぐれものです。
b0174954_533575.jpg

なかでもこれは良いなと思ったのがこちらのIsometric Training。まあknee extentionでいえば、まず好きな角度にレバーを持っていきます。その位置でmaxで押してもらってそれを登録します。その後にその力の何%をmaxにトレーニングをするか決めます。で、色々なレベルから選んでトレーニングを始めると写真のような画面に。時間は左から右へ。青い棒グラフは設定された「このグラフに合わせて力を出しなさいよ」という目標。さらにトレーニングが始まると実際自分が出した力の棒グラフがリアルタイムで左から右へと表れます。Isometricって結構間接を動かさないほうに頭がいって力の出し具合も一緒になりやすいですが、こうやってIsometricしながら力の出す量を調整するっていうのは面白いなと思いました。
b0174954_5341330.jpg


これはほんの一部で、他にも例えばknee extentionでいえば画面の左を90°、右を180°にして画面の上からブロックが落ちてくるのを上手く膝の関節の角度を変えながらよけるとか、色々なゲーム形式のものがあります。しかも終わると得点まで出て前回より上手くコントロールできてるかとかわかるのでルーティーン化してしまいがちなリハビリにはもってこいの器械だと思います。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-26 05:49 | Athletic Training
Name
今回は選手の名前について。

まずは完全に独断と偏見で選ぶ格好良い名前トップ3。()内はあえてカタカナで書くと。
Wilhite(ウィルハイト), Wilfork(ウィルフォーク), Meriweather(メリウェザー).

名前の話がでたところで一つ。英語を日本語に変換するのは難しいです。なかでも名前。NFL Japanという公式のサイトですらチームの選手一覧に選手の名前をカタカナで書いてありますがかなり間違っています。多分こういう綴りの時はこういう風にカタカナにするっていう決まりがあるんでしょうがけっこうひどいです。
例えばKaczur,サイトでは「カクザー」ってなっていますがあえてカタカナで書くなら彼の名前は「ケイザー」です。Myron(マイロン)をミロンって書いてあったり。
なので僕はいつも思うんですが、名前とかはそのままその国の言葉で書いて訳さないのが一番なんじゃないかと。例えば北京も日本語ではペキンだし、英語だとBeijin(ベイジン)。だと困るから、中国の人が北京を発音する時の名前を使うという風に人の名前や地名はそのまま使うという風にするのが良いんじゃないかなと良く思います。

さて話がずれたところでニックネームシリーズ。全員がこう呼ぶわけじゃないですがよく使われているもの。
まずはTully Banta-Cain。呼びずらいのでTBCってよく呼ばれています。
Adalius ThomasとEric AlexanderのLBコンビはそれぞれAD、EAと略されてます。
Tyrone McKenzieとBrandon Tateの新人コンビはT-macとB-tateって感じです。
後、この前も書きましたがTy Warrenは大きいのにTiny(小さい)と呼ばれています。
最後にかのTom BradyのTomは正式にはThomasなんですが唯一Randy MossだけがBradyのことをThomasって呼びます。僕はなぜかそれを聞くたびに「機関車トーマス」を思い出し笑いそうになります(笑)
[PR]
by daretosoar | 2009-09-25 08:13
1週間
さて、シーズンも始りスケジュールも固定しだしたのでこの辺でペイトリオッツの1週間をおってみましょう。

月曜日 日曜日が試合日であるNFL、次の日は大体朝の8時くらいから前日の試合でケガをした選手達がドクターチェックをうけます。あとはケガをしていてトリートメントが必要な選手もこの時間に来ます。他の選手達は昼ぐらいから来出してチームミーティングがあり前日の試合のフィルムを見ながら反省会をします。ミーティング後にもトリートメントをして終了。夕方くらいには終わります。

火曜日 この日は選手達はオフ。ケガをしている選手は9時と1時からの2回トリートメントで終わりです。なので僕達にとっても1週間の中で一番楽な日で(けれども8時半~3時半くらいまでの7時間勤務ですが・・・)早く終わります。

水曜日、木曜日、金曜日 この3日はほとんど同じスケジュールです。唯一違うのが水、木はFull padと言って、プロテクターなどフル装備で真剣にぶつかりあったりする練習で、金曜日はshellと言って軽いパッドなどをつけてする練習で激しくぶつかりあうこともないので比較的楽な練習になります。朝は6時半からトリートメント、8時から選手達のミーティングがあるのでその間に練習の準備をしたり雑用をこなしたりします。12時くらいからテーピングなどが始まって1時から約1時間半練習。すぐにミーティングがあって、終了後にトリートメントをして6時くらいに終わる感じです。

土曜日 この日は試合前日とあってwalk throughというフォーメーションや動きの確認だけの練習になります。1時間弱でみんな普段着にスリッパとかでやってることからもわかるように練習とは言えないような練習です。ホームの時は大体昼すぎくらいにやって、選手達はホテルに移動。門限は昨日書いたように11時です。遠征の時は出発する時間により出発2時間くらい前がwalk throughになります。

日曜日 8時くらいにホテルでトリートメント。試合の約3時間くらい前にスタジアムに集合。準備をして試合。

というこんな感じの1週間です。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-24 08:15
Bed Check
さて他のチームはどうか知りませんがペイトリオッツでは試合前日はホームの試合の時でもホテルに泊まって門限があります。ちなみに11時。その時にBed Checkと言ってホテルの人がマスターキーを持ってコーチが皆の部屋を確認しにいくわけですが、その時僕達アスレチックトレーナーも交代で1人ついていきます。選手が何かいるものがあった時のためにバンドエイドや爪切りといった小物が入ったかばんを持っていきます。ほとんどの場合は誰も何も必要なく約15分くらいで終わります。ペイトリオッツの選手達は優等生が多いのかほとんどの場合は電気も暗くして寝ている場合が多いです。中でも優等生なのがBrady。彼は「俺は11時には絶対に部屋にいるしこれからもいるから起こさないように静かにチェックして」とコーチに伝えてある通り、僕が担当の時は確実に11時には寝てました。スタジアムの中に貼ってある「戦いは始まる前から勝敗は決まっている」かのごとく彼は準備が素晴らしいです。練習前にも必ず自転車をこいで体を温めたり、肩のマッサージを受けたり、あの準備力が彼のすごさだと思います。準備というか体のケアという面ではMossもすごいと思います。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-23 04:59
U2
そいえば昨日書くの忘れましたがジェッツは消防士の格好をした人が指揮をとって「J・E・T・S Jets Jets Jets」と声をそろえて応援するのが有名なんですが、実際ものすごくそろっていて迫力がありました。

昨日は帰ってきたらスタジアムでU2のコンサート中だったので少し聞いてきました。あんまり曲も知らないんですけど、さすが有名なだけはあるなって感じで楽しめました。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-22 06:26
第2週 ペイトリオッツ9対16ジェッツ 負
あーー、完敗しました。悔しいです。Bradyが新人のサンチェスに負けたのが情けないですね。

今回も前夜から流れを書いていきましょう。

この写真じゃわかりにくいですが、泊まったホテルの窓からはニューヨークシティが見えて夜景が綺麗でした。
b0174954_1218615.jpg

朝もやの景色もなかなかです。アメリカの大都市はこんな感じでバンとダウンタウンのビル群がかたまって見えるのが日本と違うところですかね。
b0174954_12182528.jpg

ジェッツのスタジアムはジャイアンツと共同で使っています。そして今のスタジアムは今年で終わりで、来年からは新しいスタジアムに変わります。なので今はこの写真のように、古いスタジアムと新しいスタジアムが隣合わせでたっています。他のATの人と話してたんですが、皆さんだったら古いスタジアムの最後の年か新しいスタジアムの最初の年のどっちが行ってみたいですか?僕は個人的には古いスタジアムの最後の年のほうなので今回は嬉しかったです。色々な歴史が詰まった場所ですからね。
b0174954_1218544.jpg

試合前はこんな感じ。NYのファンは僕達がスタジアム入りする時に中指を立てて迎えてくれました(^^;)アウエィのスタジアムで受けるブーイングも慣れてくると気持ちが良いものです(笑)
b0174954_12191370.jpg

国家斉唱の時にパチリ。歌手はアメリカンアイドルのファイナリストの人でした。
b0174954_12192781.jpg

今回の試合はすごい雰囲気でした。ジェッツのヘッドコーチはうちのヘッドコーチのことが嫌いなので試合前からすごい挑発していて、何でもシーズンチケットを持っているファンの人達にメッセージで「この試合はでは大歓声を頼む」的なことを言っていたらしく、今まで行ったスタジアムというより今まで生きてきた中で人が発する歓声(音)の中で一番大きかったです。何か実力的には上なはずなのに負けてしまう。何か歯車が噛み合ってない感じですね。これからどう立て直すんでしょうか?ベリチックは「We have to play better, choch better. Starting with me, coaching better.」って感じで試合後のミーティングで言っていましたが、「自分から」というのがさすが名将の言葉かなっていう感じがしました。
これで次の試合は負けられなくなりました。
[PR]
by daretosoar | 2009-09-21 12:35