Athletic Trainer (ATC)の僕がNFL New England Patriotsでの日々を書き綴る日記です
by daretosoar
<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
jog
最近マサチューセッツに引っ越してきてからはコンスタントに走っています。
もちろん日本の大学までは野球をやっていたので走っていたし、結構得意なほうでした。
アメリカに来て最初の頃は走っていませんでしたが、途中太り始めてこれはやばいと思ったのと住んでいたところのすぐ近くに公園があって1周2kmくらいのコースがあったのでよく走っていました。
でもサウスカロライナに来てからは忙しかったのもあってほとんど走っていませんでした。でも最近また太ってきたのと、フットボールで働くには体力もいるので引っ越しを機に走り始めようと思ったわけです。

家から右にこの通りを行ってつきあたりで帰ってくると約5kmくらいでゆっくり30分くらいのコースと3kmくらい20分かけてスタジアムまで行って帰ってくるコースの2つを主に走っています。とりあえずこの一年である程度動ける体を取り戻そうと計画しています。いつまで続くかな!?
[PR]
by daretosoar | 2009-05-30 06:36
registration
今日は一日中車関係の手続きに追われていました。マサチューセッツにきて日本で5年アメリカで5年(ルイジアナ3年サウスカロライナ2年)運転しているにもかかわらずまた知識テストと実技をうけないといけないと言われ怒りに満ち溢れていました。これだから外国人でいるのは嫌。現在テストにむけて勉強中です。

その前に車の登録をと動き出したのが先週。マサチューセッツでは登録する前に州が課している最低限の保険にはいらないといけません。しかもマサチューセッツ州は独自のルールなのでかなりの保険屋さんがアメリカ50州のうち49州で保険をやってるのにマサチューセッツ1州だけやってないということがほとんどで、僕の使ってた保険屋さんもそれにもれず。なのでマサチューセッツにある保険屋さんに変更しないといけませんでした。保険屋さんに行って話してたら日本の免許を取ってから10年くらいたってるから日本の免許を英語に訳してきたらかなり安くなるという話
ここで一つ、何で日本の免許証は期限とかを西暦じゃなくて平成とかで書いてるんですかねえ?
あんなのわかりにくいし世界で通用しないのに。
それでわざわざボストンまでいってちゃんとした人に公式の訳をお願い。
数日かかりやっと手元にきて、いざそれを持って保険屋さんに。

その後、無事にマサチューセッツのナンバープレートをゲット
ところがマサチューセッツは日本のようにナンバーを車の前後につけないといけません。ルイジアナとサウスカロライナでは後ろだけだったのでナンバーをとめるネジがなくそれを買いにウォールマートへ。で、やっとつけかえて今度は車を登録してから7日以内に車検をしないといけないので(といっても日本みたいなやつじゃなく10分3千円くらい)それをしてくれるところに行くと今チェックする器械が壊れているから1時間後にまた帰ってきてと言われ再度行くと今度はその器械も復活していて無事車検終了。さらにこの機会にとエンジンオイルも交換してきました。

あー面倒くさ
[PR]
by daretosoar | 2009-05-29 08:04
Complications
今日は近くにあるモールに行ってきました
まあ特に買うものもなかったんですがブラブラと見て周ってきました
モールの中に本屋さんがあったので良い本はないかなあと思って探してたら結構良い解剖の本が20ドルで売っていたので即購入。普通、解剖系の本ってものすごい高いのでこれはラッキー。
さらにいつも読んでる本はアスレチックトレーニング関係ばかりなので学生生活も終わったし普通の本も読んでみようと探していました。
そこで見つけたのがATUL GAWANDEという人の「Complications:A Surgen's Notes on an Imperfect Science」というもの。
あっ、普通の本ですが、結局医者が書いた本にしました(笑)
この本は2002年のNational Book AwardのFinalistにもなった本です
手術医のこの人が経験した色々なことを書いた実話です。それこそ初めて手術した時のことから変わった症例まで書いてあってかなり楽しめます。僕も英語の本を教科書とか以外で読むのは2年前のハリーポッター以来ですが、やっぱり専門分野で単語とかもわかりやすい分すらすら読めてかなり楽しんでます。特にAT関係の人は読んでみたら面白いのではないかと思います。日本語のもあるはず。
この人はこの本の後にbetterというのも書いているのでこれを読み終えたらそれも読んでみたいと思います。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-28 06:48 | Athletic Training
十人十色
今日ネットで見つけたニュースです
さらにこんな
こういう話を聞くとほんとに人っていうのは皆違うんだなと
同じ怪我でもこの人にこういうトリートメントして効いたからってこの人には効かないっていうのも納得ですよ
人それぞれにあったのを見つけるっていうのも難しいけど楽しいですよね

僕の方は仕事が月曜日からなので今週もまだのんびりしています
そんな中ネットの名言集で印象に残ったのがこの言葉でした

「あなたが空しく生きた今日は昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」
[PR]
by daretosoar | 2009-05-27 10:13
Clemson Regional
ということでClemsonはNCAAをホストすることになりまして、今日トーナメント表が発表になりました。
1回戦はTennessee Techと
残りの2チームはOklahoma St.とAlabamaです。
Regionalはホスト校が圧倒的有利なので、その利を生かして是非Regionalを突破してほしいものです。

今日はボストンに行ってきました。長くその辺りに住んでる友達が近くにいるのでボストンを案内してもらいました。さらに夜はかなり久し振りの焼き肉。
もちろんアメリカでは初めてで、日本に帰った時も「アメリカでは肉ばかりだから刺身などを」と焼肉を口にすることはほとんどなかったので、本当にかなり久し振りでした。
いやあしかし焼肉+白い米は最高ですね。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-26 11:42
ホスト&VT~NH~ME
今日NCAA野球のホストサイトが発表になってクレムソンが選ばれていました。
2006年College World Series 2007年Super Regional 2008年22年ぶりにNCAAトーナメント出場逃す 2009年ホスト
この中で輝く2008年こそが僕が担当した年・・・
まあでもいいわけさせてもらえれば2007年のドラフトで10人以上指名されて主力がほとんどいなくなった2008年、出場していたのはほとんどが1,2年生。その子達が今の2,3年生の主力となってこの結果です。
中には昨年手術して僕が頑張って復帰させた選手達もいますのでそれだけが唯一の心の救いです(^^;)
とにかく頑張って全米チャンピオンになってもらいたいです。

今日僕はまだ行ったことのないバーモント、ニューハンプシャー、メイン州と周ってきました。

バーモントでは「バーモント誕生の地」と言われているWindsorへ
すごいきれいな所で、草原みたいなのがあって気持ち良かったです。
ちなみにスノボーで有名なバートンはここのみたいです。

そしてニューハンプシャーで昼ごはんを食べて、メイン州のポートランドというところにある灯台へ

b0174954_931257.jpg

僕は海山川に囲まれて育った身ですが、それでもこうやって海を見るといつもと違う気持になります。ものすごくきれいなところでした。お薦めです。

これでアメリカ50州のうち46州を制覇。残すはワイオミング、サウスダコタ、ハワイ、アラスカです。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-25 09:08
クーパーズタウン
ということで行ってきました、野球の殿堂があるニューヨーク州クーパーズタウンに
ここは野球発祥の地として有名で(今ではその話は違っていているといのが有力で別の説がありますが)アメリカに来る前からずっと来たかった場所でした。
ずっとアメリカ南部にいたのでこんなニューヨークの片田舎まで来る機会がなかったんですが、こっちに引っ越してきて調べたら車で4時間のところだったので行ってきました。

b0174954_7345467.jpg

まず最初についたのがこちらダブルデイフィールド。今まではメジャーのチームが奉納試合として毎年1試合試合をしていたんですが、スケジュールの関係で残念ながら昨年で終了してしまいました。今でもたくさんの試合をしていて、今日も少年野球の試合をしていました。

b0174954_735252.jpg

球場には「野球生誕の地」のレリーフが飾ってありました。

b0174954_7355075.jpg

その後は、そこから歩いて5分くらいのところにある殿堂+博物館へ。この辺りの通りは野球関連のお店が立ち並んでいます。野球ファンにはたまらない品々が置いてあります。

b0174954_7362195.jpg

中もかなり充実していて何週間でもいれそうでした。やっぱり中でもベーブルースを含めて第1回の殿堂入りしたこの5人のレリーフは別格でした。

b0174954_7365057.jpg

お店を周っていて見つけたこの2004年のワールドシリーズの公式球(ケース入り)がなんと18ドルで,
つい買ってしまいました。普通硬式のボールは高校生が使うようなやつでも1000円近くするのでこれは自分の中ではかなり破格でした。

b0174954_7371866.jpg

そして、これ。普通の人から見たらただのがらくたかもしれませんが。かなり昔のグローブです。誰が使っていたかもわからないやつですが、この形からいって多分1900年代の最初の頃のだと思います。よくこんなのでボールをキャッチできてたなと感心。60ドルくらいでした(^^;)

と、野球ファンにはたまらない場所でした。是非また来たいですね。あーまた野球がしたくなった。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-24 08:10
好きなCM
Dustin Pedroiaはレッドソックスのセカンドでご存知の通り昨年のアメリカンリーグMVPです。
僕はこのCMがかなり好きです。

英語がわからない人へ
要するに野球のテレビゲームのCMでPedroiaが「ゲームで内角高めの速球が打てないから直して」とゲーム会社に言うと「このゲームは忠実に再現してる」と
でPedroiaがMVPのトロフィーを磨きながら「何人のMVPプレーヤーがそのコース打てる?」と聞くとゲーム会社の人が「うーん君の場合は・・・」と考え込んでしまうというCMです。

さらに面白いのがこの前新聞にその広告が出ていて

************************************************
Dear Pitchers of the Amrican League,

This game insists that I cannot hit the high inside fastball.
Please continue to believe them.

Love,
Dustin
2008 AL MVP
************************************************
と書いてありました。

「アメリカンリーグのピッチャーへ
このゲームは僕が内角高めの速球を打てないって主張してるけど、どうぞ信じ続けてください
愛をこめて」

さすがアメリカのCMだなあと感心しました。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-23 06:35
初見参
今日は初めてペイトリオッツのアスレチックトレーニングルームに行ってきました。
色々な書類関係の提出をしなくてはいけなかったので、そのついでに色々な人に紹介してもらいました。さすがに初日はすごい緊張しましたけどね(^^;)
でも僕が正式に働けるのは6月1日からなので後10日程はのんびりです。
トレーニングルームは思ったより大きくなかったですが、ロッカールームからドアを開けたらトレーニングルームに行けるのと、ウエートルームに行けるのは便利だなという感じですね。

一番びっくりしたのはヘッドアスレチックトレーナーの人に「競馬はどうだった?」と聞かれたこと(^^;)
数日前のこと何で知ってんの?と思って「How do you know?(何で知っての?)」って聞いたら「NFLのヘッドアスレチックトレーナーともなったら顔も広いからねえ」って言ってました(顔)
まあ冷静に考えたらケンタッキーダービーに一緒に行った子がこの前の競馬の時(プリークネスステークス)「テレビで見てる?」ってメールくれたので「実際のその場にいるよ」って返事したので、それをクレムソンのヘッドかアシスタントに言ってそこから伝わったんでしょう。

b0174954_46597.jpg

b0174954_472054.jpg

[PR]
by daretosoar | 2009-05-22 04:13 | Athletic Training
Philadelphia, PA
さて、引き続き歴史観光は続いて今回はフィラデルフィアより

b0174954_3374464.jpg

まずはこちらダウンタウンの景色。昔の首都であり今なお大きな街です。野球も昨年はチャンピオンになりましたしね。

b0174954_3391598.jpg

まず見に行ったのがこちらLiberty Bell。そしてその後後ろにあるIndependence Hallへ。前日に見たワシントンD.C.にある独立宣言書が書かれ署名された場所です。まさにアメリカ合衆国誕生の地です。

その後はフィラデルフィア名物であるCheese Stakeを食べに。やっぱり名物なだけあって美味しかったです。そしてベツィ・ロスという星条旗を初めて縫ったという人の家に。

b0174954_3445775.jpg

で、向かったのがエルフレス小径というアメリカ最古の住宅街へ。ちょっとアメリカにはないヨーロッパ風な感じでした。

最後は造幣局へ。ワシントンD.C.で行ったのは紙幣を作っているところで、今回は硬貨を作っているところでした。入口でカメラ持ち込み禁止と言われ車までは20分くらい歩かないといけなかったので、近くの林に隠して中へ。すごい知らなかったことがわかって楽しかったです。

そしてフィラデルフィアを後にした後はニューヨークにいるAT友達に会いに
彼とは同い年で会うのは2年振り!?
なのに全くそんな感じもせずあっという間に時間がたち、夜に家まで帰ってきました。
[PR]
by daretosoar | 2009-05-20 03:34